資料の紹介

 日々生成され処理される膨大なデータを、顧客との関係強化や運用効率化、競争力向上などに役立てたいと考える企業が増えている。確かに、データはイノベーションを促進し、機動力を高めるが、実際のメリットを享受するには、適切な場所とタイミングでデータを活用できる環境が必要だ。

 データは、オンプレミスのプライベートクラウド、パブリッククラウド、従来型データセンター、ハイブリッドクラウドなど多様な場所で作成、保存、利用されている。しかし、データを移動・保存・処理する各種のシステムはサイロ化しており、複雑で柔軟性に欠けるシステムと古くなったスキルへの対処に苦慮しているIT部門は多い。

 本資料では、非効率なインフラ管理、ハイブリッドクラウドの不透明性、インフラにおける機動性の欠如といった問題を解決する手段として、新たなデータ基盤を紹介する。AI(人工知能)と、ITインフラから得られる知見を使って、必要な場所とタイミングでデータが活用できるようにコントロールすることで、運用コストを削減し、サービスを迅速に提供できるようになるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。