資料の紹介

 自治体・公共団体や民間企業向けパブリッククラウドサービスなどを提供するスマートバリューは、クラウドサービス用ストレージ基盤を刷新。ハイブリッド/オールフラッシュモデルを使い分けることで、システム要件に応じた最適なストレージ環境を実現し、ストレージ運用管理負担も軽減できた。

 同社はそれまで、安定的なサービス提供のために、さまざまな苦労に直面してきた。特に、数年前にIaaS用のストレージに障害が発生した際には、その対応に大きな負担を強いられたという。このような事態を再び招かないために、ストレージの性能や信頼性をさらに高めておく必要があると考えた。

 本資料では、スマートバリューが自社クラウドサービスに採用したストレージ基盤について、製品選択の理由や導入効果などを紹介する。同社はその後、顧客向けのソリューション案件でも同じ基盤製品を活用。顧客企業の新DVI(仮想デスクトップ基盤)構築で運用管理の負担軽減に大きく貢献できたとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。