資料の紹介

 データの重要性は、かつてないほどに高まっている。デジタル・トランスフォーメーション(DX)の実現に向けて、あらゆる業種・業界の企業がデータを活用し、既存ビジネスの変革や新しいビジネスの創出に取り組んでいる。

 ただし、分析に必要なデータ量は、企業の予想を上回る勢いで増えている。しかも、データセンターだけでなく、エッジやクラウドなど、データが生成・保存される場所も分散化している。データからビジネスに役立つ価値を引き出すには、最適なタイミングと最適な場所でデータを活用しなければならないが、データ量の増大と保存場所の分散が、それを阻んでいるのだ。

 この問題を解決するには、データセンター、エッジ、クラウドにまたがる整合性のとれた新しいストレージインフラが求められる。具体的には、AIによって管理・運用され、保存場所を柔軟に移行できて、かつコストも最適化できるストレージインフラが必要とされているのだ。本資料では、その具体的な姿が示される。DX実現に向けて、現在のストレージ環境に不安を感じているなら、ぜひ目を通してもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。