資料の紹介

 顧客の購買行動はますます複雑かつ多様なものになっている。企業が効果的なマーケティング施策を展開するためには、顧客一人ひとりがどのようなものに興味を持ち、行動したのかを把握し、個々の施策に反映していく必要がある。

 近年、顧客の購買行動が急速にデジタルにシフトしたことで、さまざまな顧客行動がデータ化され、マーケティングに活用できるようになった。これに伴い、マーケティングに関わるデータを管理する複数のシステムを連携するニーズが高まり、統合的なマーケティング分析の戦略が必要になってきた。

 本資料では、統合的なマーケティング分析戦略を計画し実施するための7つのステップを挙げ、各ステップの内容と実施方法、実施前に検討すべき事項について解説する。マッキンゼー(McKinsey)の報告によれば、統合的マーケティング分析のアプローチを利用している企業は、マーケティング支出を最高15~20%減らせるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。