資料の紹介

 システムインテグレータのTISは、顧客向けに提供する専有型IaaS(Infrastructure as a Service)の基盤として、ハイパーコンバージドインフラを採用。サービス提供までの期間を大幅に短縮するとともに、スモールスタートが可能な拡張性の高いIaaSを実現。金融業界のセキュリティ標準PCI DSSへの対応など、サービス基盤の強化に役立てている。

 TISはそれまで専有型IaaSの基盤として、サーバー、SANネットワーク、ストレージを組み合わせた3層アーキテクチャを採用していた。しかし、構成機器が多く、ストレージやネットワークを管理する負担が大きいことが課題となっていた。加えて、顧客のビジネスの拡大に応じて柔軟に拡張できる基盤が求められていた。

 本資料では、同社がハイパーコンバージドインフラを採用するに至った経緯と、採用したソリューション、および導入効果について説明する。クラウドサービス基盤を標準化すると同時に、環境構築にかかる期間を3分の1程度に短縮。スキルセットの共通化により人件費を3分の1に圧縮できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。