資料の紹介

 従業員の生産性を高め、企業の業績につなげるうえで、ビジネスの現場であるオフィスの環境をどう作るかは極めて重要だ。作業効率を上げるデバイスはもちろん、カスタマイズできるワークスペースやミーティングスペース、社内でも社外でもシームレスに働ける環境整備などに改めて取り組む企業が増えている。

 生産性を高めるオフィスにまず必要な条件は、誰もが直感的に使いやすいことである。また、フリーアドレスのオフィスや自宅、カフェなど、働く場所がますます多様化することを考えれば、より高度な管理ツールとセキュリティも欠かせない。さらに、2020年になれば、1980年代から90年代に生まれたミレニアル世代が従業員の半数を占めることになる。働く環境には高性能だけでなく、スタイリッシュで快適なデザインも求められるようになるだろう。

 本資料では、自社に合った未来のオフィスをトータルコーディネートするためにはどうしたらいいのかを解説するとともに、ヒントになる事例や製品情報を豊富に収録している。オフィス向け製品の担当者にもインタビューし、未来型オフィスの具体像も示している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。