資料の紹介

 ITサービスプロバイダーのBSNアイネットは、自治体向けクラウドサービスのインフラをハイパーコンバージドインフラ(HCI)で刷新。従来の3層構成の仮想化基盤に比べ、約4分の1のコスト削減に成功した。システム構成や運用が簡素化されたため、より短時間で、誰もがDR(災害復旧)環境からの復旧を行えるようになった。

 同社は、自治体向けクラウドサービスが稼働するインフラの構成機器が保守期限切れを迎えたのを機に、できる限りシンプルな運用を目指して3層構成システムからの脱却を図った。刷新にあたっては、価格競争力の向上を目指すと同時に、ITのプロとして新たな技術に挑戦することも重視した。

 本資料では、BSNアイネットが新たなクラウドサービス基盤として導入したハイパーコンバージドインフラのソリューションについて、選定理由から導入効果、今後の展望までを説明する。移行の際には専用ツールを利用することで、機器の設置から環境移行、本稼働まで3週間程度で済んだという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。