資料の紹介

 システム管理者は、ファイルサーバーを取り巻く課題に日々、頭を悩ませている。動画や高画質画像データなどの大容量ファイルが放置されていたり、ファイルが重複して保存されていたりすると、ファイルサーバーの容量はすぐに足りなくなってしまう。個人情報や機密文書などに対するセキュリティが不十分だと感じている管理者もいるだろう。

 こうした課題の背景には、ファイルサーバー管理にかけられる工数が少なくなっていることや、ユーザーの協力体制が整わないことなどが挙げられる。不要なファイルを整理して容量を削減するにも、アクセス権の設定不備を確認するにも、システム担当者が人手で管理するのでは負荷が大き過ぎる。

 本資料では、「容量肥大化」を防ぐという観点から、ファイルサーバーを整理する手順をまとめた。ファイルサーバーの課題を抜本的に解決するためには、ツールを活用して管理を適正化する必要がある。まずは「無法地帯」と化したファイルサーバーの現状を整理したうえで、適切な対策を講じていくことが肝要としている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。