資料の紹介

 2020年7月、PHSの公衆音声サービスが終了する。終わりを迎えてPHSは過去の技術になると思っている人も多いだろう。しかし、それは誤解だ。PHSと同じ1.9GHzを利用する次世代PHS通信方式「sXGP」が注目を集めているのだ。現在、Wi-Fiには電波干渉やセキュリティ上の課題が指摘されている。大人数が集まる場所では輻輳が起こりやすく、通信品質を確保できないケースもある。「sXGP」はこうした課題を解決できる通信方式として期待が高まっているのである。

 たとえば、「sXGP」は免許不要の1.9GHz帯を使用するため、高品質な内線電話やIoTの無線接続環境を手軽に構築できる。また、許可されたSIMでしか接続ができないためセキュリティが高く、自家発電と組み合わせて災害に強いシステムも構築できる。さらにローカル5Gとの親和性が高く、将来的にローカル5Gにも効率的に移行できるとされる。

 本資料では、この「sXGP」の仕組みとメリットを解説している。PHSの代替システムを検討している企業・組織はもちろん、現在のWi-Fi環境に課題を抱えていたり、5Gへの取り組みを開始したりしたい企業・組織に役立つ内容だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。