資料の紹介

 企業ITシステムにおけるクラウドサービスの利用が一般的になっている一方で、高いガバナンスと管理性を求めるシステムは依然としてオンプレミス環境で運用されていることが多い。そこで注目されているのが、「ITaaS(IT as a Service)」と呼ばれる新しいオンプレミスのインフラサービスである。

 ITaaSは、オンプレミスで従量制IT環境を実現する。コストの最適化や予測・管理性、コンプライアンスやセキュリティの管理においてはパブリッククラウドに勝っているものの、課題もある。パブリッククラウドに求められる諸要素の実現や、自社データセンターでの運用において制御性を強化する必要があるといったことだ。

 本資料では、ITaaSをいかに実現するかについて、既に一般化しているオンプレミスとパブリッククラウドのアプローチを参照しながら解説する。ITaaSの導入によって、プロジェクト展開の時間短縮、製品・サービスの価値向上、業務効率および財務の透明性の向上、そしてIT消費とコスト間の直接的な管理を実現できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。