資料の紹介

 ドラッグストアの「サンドラッグ」などを全国に約1200店舗展開するサンドラッググループは、店舗業務を支えるシステム「ストアコンピュータ」を利用している。その主な役割は、当日の売上や在庫、売れ筋アイテムなどの情報を毎日集計・分析し、自動発注することだ。

 同社は、数年前に業務システム「ストアコンピュータ」を仮想統合したが、ストレージの性能、信頼性、拡張性には課題を抱えていた。具体的にはディスク障害が多く、さらに夜間のバッチ処理が長くなり、容量が上限に達した際の増設作業も困難になっていたのである。そこで同社は、ストレージ基盤をオールフラッシュストレージに刷新。夜間バッチを2~3時間から30分に短縮し、増設が容易で24時間連続稼働できる耐障害性の高いシステムに入れ替えた。その結果、データ分析などの新しいアプリケーションにも対応できるようになったという。

 本資料では、インライン圧縮や重複排除などの機能も含めて、同社のストレージ選定・導入の経緯をレポートする。ストレージの性能・容量、運用等で課題を抱えている企業は、ぜひ参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。