資料の紹介

 あらゆる業界のIT運用チームは今、複雑な問題に直面している。大量のイベント、複雑に絡み合うサービス、サイロ化した組織、厳しいSLA(Service Level Agreement)への対応など、ITの運用管理を困難にしている要因は数多い。特に、顧客体験に悪影響を及ぼしかねない障害をいかにしてなくすかは、企業にとって最重要課題となっている。

 しかし、システムの構成機器が増えるにつれ、大量のイベントを監視して異常を検知し、原因を突き止めて対処することは、これまでにも増して手間と時間のかかる作業となっている。そこで注目を集めているのが、AI(人工知能)の機械学習を利用して異常な行動を予測し、障害の発生前に対応する「プロアクティブ」なIT運用である。

 本資料では、AIを使用したIT運用によりシステム障害の課題を事前に予測・防止し、迅速なトラブル対応を実現した企業の事例を紹介する。障害が発生する前にサービスへの影響を予測し、不要なイベント情報を低減できるため、ビジネスの俊敏性や競争力の向上につながるIT運用が可能になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。