資料の紹介

 高い品質の維持は、「コト」づくりが求められている現在の製造業にとって最も重要なテーマの一つだ。万が一、問題が起こったら、速やかに原因を特定し、二度と同じ問題が発生しないよう迅速に手を打たなければならない。

 しかし、製品の不具合情報と解決策に関する一連のデータが分断されていると、原因の特定と解決に時間がかかり、結果として、顧客からの信頼低下を招いてしまう。原因の特定から対応、今後の予防に至るまでのプロセスや判断を速やかに進めることで、顧客が満足する体験を提供する。そんな体制づくりが求められている。

 本資料では、品質に関わる情報と顧客情報をひとつの基盤でつなぎ、問題解決のスピードを高めることで、品質対応の強化を支援するソリューションを紹介する。顧客を中心に据えた「つながる市場品質対応」によって、品質管理担当者の生産性を向上し、不具合対応の工数や、ラインの停止時間を削減して機会損失を抑止できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。