資料の紹介

 クラウドのメリットは、必要なITリソースを柔軟に調達できることだ。ビジネスが成長すればITリソースを拡張し、うまくいかなければ縮小する。ITリソースを迅速に調達し、コストを最適化できるので、さまざまなアイデアを素早くビジネスに反映できる。このため、多くの企業が「クラウドファースト」でITシステムを検討するようになった。

 ただし、クラウドも万能ではない。データの保護やシステムの運用管理がクラウドサービス事業者のポリシーに依存するため、ガバナンスを効かせにくいのだ。セキュリティー上の課題を解決できず、クラウドに移行したシステムをオンプレミス環境へ戻す企業もある。

 こうした問題への解の一つとなるのが、オンプレミス環境のIT機器をクラウドのように調達できるようにすること。オンプレミス環境であれば自社のポリシーで運用・管理できる。サーバー、ストレージ、SANスイッチなどを使った分だけの従量課金型で利用できれば、柔軟なITリソースの調達も可能になる。本資料では、そうしたオンプレミスとクラウドの“いいとこ取り”をしたサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。