資料の紹介

 仮想環境を効率的に構築できるというITのメリットと、ビジネスに必要なIT環境を素早く実現できるという経営のメリットを両立する手段として、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の利用が伸びている。これらHCI製品はスペックだけを比較すると同じように見えるが、選定の際には留意すべきポイントがある。

 例えば、高い拡張性を実現するソフトウエア定義ストレージも、全てをソフトウエアで処理するとCPUに過大な負荷がかかり処理速度の低下を招くことがある。独自技術を採用したハイパーバイザーや管理ツールはメリットが多い半面、運用担当者にとっては新たなスキル習得やツールの分散など、余計な手間もかかる。

 本資料では、HCIを選定する際に留意すべきポイントとその理由について詳しく説明する。企業の成長に貢献するIT基盤を作るためにHCIを導入するのなら、自社の運用体制を分析し、目的に合った製品を確実に選ぶことが重要だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。