資料の紹介

 クラウドファーストの流れが加速し、多くの企業が様々な業務にクラウドサービスを利用している。しかし、クラウドも決して万能というわけではない。多くのメリットがある半面、重要データの保護や運用管理がサービス事業者のポリシー任せになるため、ガバナンスを効かせにくくなってしまう問題がある。そのため、プライベートクラウドを検討する企業もある。

 もちろんプライベートクラウドであっても、クラウドサービスと同等の迅速なIT環境の提供や構築工数の手間軽減が求められることに変わりはない。最近普及が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)を使えば迅速に仮想サーバー環境を構築できるものの、自動化まではできない。

 そこで本資料では、プライベートクラウド向けの次世代型のIT基盤として、ファームウエアのアップデートからOSインストールまで自動化できる「コンポーザブル・インフラストラクチャ」について、調査データや事例を交えて解説する。HCIのいわば進化形だが、HCIと違いコンテナ技術のDockerとVMを併用することも可能という。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。