資料の紹介

 中堅企業がビジネスの成長を追求するには、大企業と同様、他社と差別化した製品や顧客体験を提供する必要がある。そのためには、めまぐるしく変化するアプリケーションの規模や複雑さに対応できる最新のITインフラが大きな助けになる。

 しかし中堅企業は、製品の改良や、顧客体験のさらなる改善、セキュリティの強化を最優先事項ととらえてはいるものの、データセンターには多くの旧式サーバーが稼働している。旧式サーバーを保持することは、パフォーマンスを犠牲にするだけでなく、データをリスクにさらすことにもなる。

 本資料では、サーバーとインフラの更新サイクルが企業のビジネスに与える影響についてのアンケート結果のうち、中堅企業の意思決定者102人からの回答に焦点を当てた。ビジネス面およびIT面での優先課題、サーバーの平均更新年数、パフォーマンスに対する満足度、最新サーバー導入のメリットなどを紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。