資料の紹介

 中堅企業のITリーダーは常に、どのテクノロジーに重点を置き、どのスキルセットに投資するかという問題について厳しい選択を迫られており、プロジェクトの推進メンバーには過度の負担がかかっている。この傾向は特にセキュリティ対策において顕著だ。

 サイバー攻撃によるシステム停止は顧客サービスを中断させかねず、データ損失は生産性を悪化させ、コンプライアンス違反は財務面に直接影響を及ぼす。中堅企業が競争力を高め成功を収めるには、IT環境のセキュリティと信頼性向上を優先し、セキュリティインシデントがビジネスに及ぼす影響を最小限に抑える必要がある。

 本資料では、中堅企業のビジネスにおける、高信頼のデータセンター運用の重要性について、日本をはじめとする各国のITリーダー1650人から意見を集めた結果を報告する。成功を収めた組織の多くは、セキュリティを優先した明確かつ組織的な取り組みによって、打たれ強いデータセンター環境を実現している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。