資料の紹介

 巧妙化・複雑化するサイバー攻撃に備えるために、多層的なセキュリティ対策を講じる企業が増えている。しかし、防御性の高い環境を構築したはずの企業でも見逃しがちな弱点がある。例えば、社内IT資産の脆弱性である。

 世界的に利用者が多いソフトウエアでは、脆弱性が発見されるとすぐに修正パッチが配布されるようになっている。だが、脆弱性の数が多過ぎてIT組織の情報収集が追い着かず、パッチが公開されてもしばらくは脆弱性が放置されたままになっている企業が多いのも現実だ。そうして脆弱性を放置した結果、甚大な実害を被った企業も少なからず存在する。

 本資料では、死角になりがちな社内IT資産の脆弱性に起因するトラブルから効率よく組織を守るためのクラウドサービスを紹介する。脆弱性情報を複数の情報源からリアルタイムで自動収集し、ユーザー企業ごとにどの脆弱性の対処が必要かを提示することで、脆弱性管理の負担を大幅に削減する。クラウドなので短期導入でき、運用コストも削減できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。