資料の紹介

 マイクロソフトが提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」は、ITシステムを支えるインフラになっている。特にWindowsをはじめとするマイクロソフト製品を使ってITシステムを構築・運用してきた企業は、クラウド化を進めるときのファーストチョイスにするケースが多い。

 ここで重要になるのが「可用性」だ。AzureのSLA(サービス・レベル・アグリーメント)では合計稼働時間は明記されているが、障害発生時の復旧時間、ダウン回数等への言及はない。高可用性のオプションやリカバリーの機能は用意されているが、障害内容によっては重要なデータやシステムが失われるリスクがある。停止するとビジネスに大きい影響が出る重要なシステムをAzureで稼働させて、本当に大丈夫なのか。そう不安に思うIT担当者もいるだろう。

 本資料はAzureの可用性について、SLAや機能の面から詳細に検証している。そのうえで、Azureの可用性をさらに高め、システムを安心して運用するための対策を解説している。既にAzureでシステムを運用している企業はもちろん、Azureを活用したシステムのクラウド化を検討している企業も、ぜひ確認しておきたい情報だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。