資料の紹介

 IoT(モノのインターネット)は産業の在り方と人間の生活様式に変革をもたらすと言われている。しかしその一方で、デバイス、ネットワーク、ゲートウエイ、アプリケーション、サービスをシームレスに統合する必要があることから、さまざまな攻撃対象ポイントで潜在的な脆弱性が露呈するリスクが指摘されている。

 IoTに取り組む企業がセキュリティの困難な課題に直面するのは、主に以下の要因による。第一に、IoTデバイスは高度なセキュリティ保護の実行に必要な計算能力を備えていないこと。第二に、インターネットを使った通信はハイジャックされやすいこと。第三に、クラウド内には貴重なデータがあるとして犯罪者に狙われやすいことだ。IoTデバイス向けセキュリティの設計理念は、他のコンピュータシステムとは異なる。

 本資料では、IoTデバイスのセキュリティに話題を絞り、IoTにおけるデータの機密性、完全性、真正性、可用性の問題に対処するために何ができるのかを、デバイスのライフサイクルに沿って説明する。外部とIP通信をする組み込み機器向けのセキュリティソリューションについて解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。