資料の紹介

 ソフトウエア資産を管理するためにオンプレミス型のIT資産管理ツールを利用している企業は多い。しかし、担当者が他のIT関連業務との兼任であったり、複雑かつ多岐にわたるソフトウエア使用許諾条件の理解が困難であったりして、管理ツールへの情報登録や資産管理台帳などの出力が適正になされていない場合も少なくない。

 ソフト資産を適切に管理していないと、未使用ソフトによるムダなコストや、ベンダーの監査結果を受けた修正購入などの支出が発生するほか、コンプライアンス上問題になるリスクが生じる。加えて、ウイルス感染や情報漏洩などのセキュリティ事故や、ファイルの互換性欠如による業務効率の悪化、バージョン不整合による業務システム停止などのリスクもある。

 本資料では、担当者の負荷を軽減しつつ、適切なソフト管理を実現したい企業向けに、クラウド型ソフト資産管理ツールと、ソフトのライセンスに精通した担当者によるサポートデスクの両輪で顧客企業の運用を支援するソリューションを紹介する。多くの画面サンプル、具体的なサービス項目の一覧を示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。