資料の紹介

 デジタル変革への関心が高まる中、ビジネス部門や開発部門の要請に応え、いつでもリソースを容易に追加できるクラウドサービスの積極活用を進める企業が増えている。複数のクラウドを使い分けるマルチクラウド環境も当たり前になりつつある今、クラウドのセキュリティ強化が改めて課題になっている。

 主要クラウドサービス事業者はクラウドのセキュリティについて、ハイパーバイザーの上位層にあるすべての資産を保護する責任は顧客側にあるとする「責任共有モデル」を採用している。そのため、特権アカウント、認証情報、機密情報を顧客側で適切に保護しないと、壊滅的な結果をもたらすセキュリティ脆弱性を引き起こす可能性がある。

 本資料では、クラウド上のアプリケーションやサービス、インフラを確実に保護するための6つのユースケースと、理解しておくべきクラウド独自の課題について解説する。クラウド管理コンソールやポータルは非常に強力なツールだが、組織のクラウド資源を完全に制御できるため、攻撃者にとっても非常に魅力的な標的になっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。