資料の紹介

 どこでも利用でき、利便性を高めるメールのクラウドサービスは、コロナ禍でますます重要性が高まっている。ただ、オンプレミスと同様のセキュリティ機能を利用できるかどうかが常に課題となる。

 課題の乗り越え方は先行事例から学ぶのがいい。エネルギーを中心に物流、不動産なども手掛けるミツウロコグループホールディングスは、マイクロソフトの「Microsoft 365」をメールシステムとして利用している。オンプレミスからMicrosoft 365への乗り換えに当たっては、添付ファイルの暗号化と誤送信を防止するフィルタリングの機能が不足している点が課題となった。

 本資料では、ミツウロコグループホールディングスの事例を詳しく紹介。添付ファイルを自動的に暗号化する仕組み、メールの内容を自動チェックして保留したり送信拒否したりする仕組みの導入で、課題をクリアにしていった経緯や効果を解説する。Microsoft 365のメールセキュリティをさらに強化したいと考えている企業にとって、ぜひ参考にしたい事例といえるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。