資料の紹介

 Microsoft 365(旧Office 365)のメール機能を「かゆいところに手が届かない」と感じたことはないだろうか。グローバル向けに設計されているため、日本企業が過去に使っていたメールシステムと比較すると機能不足に感じる部分がある。

 例えば、送信元をなりすました危険なメールがすり抜けてきたり、正しいメールが迷惑メールと判定されてしまったりする。日本語のメール判定が難しいためだ。誤送信や情報漏洩への対策機能も少ない。可用性が気になるユーザーもいるだろう。過去には認証システムの障害でログイン不能になり、メールの送受信ができなくなるシステム障害があった。

 ただ、これらは解決できない問題ではない。Microsoft 365とクラウド型サービスを連携することで、標準にはない機能を追加できる。本資料は、Microsoft 365と連携するクラウド型メールセキュリティサービスについて解説する。セキュリティや可用性を高める仕組みや効果を詳しく説明しており、Microsoft 365を利用中または導入検討中のシステム担当者には、参考になる資料だろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。