資料の紹介

 今日のセキュリティ対策は、組織内を「ゾーン」に分けてゾーン間で発生する問題を解決する「境界線防御」から、侵入されることを前提に、脅威は内にも外にも存在すると考える「ゼロトラストセキュリティ」にシフトしつつある。管理者はセキュリティ機器を追加で配置したり、トラフィックを可視化したりして、組織の防御・検知能力を高める必要がある。

 だが、こうしたセキュリティ対策の変化に伴い、さまざまな課題も生じている。一つめは、セキュリティ機器群のほか、インバウンド/アウトバウンド/LAN/クラウドサービスのトラフィックなど監視対象が大幅に拡大することだ。さらに、リスク評価に高度な専門知識が求められること、動的に変化するセキュリティリスクへの対処といった課題もある。

 本動画では、最近のセキュリティ対策の課題を挙げ、それらの解決策となるセキュリティリスク検査プラットフォームを提案する。安全を確保しながら、攻撃をリアルにシミュレーションすることで、セキュリティ検知と防御の能力を自動検証し、迅速で容易なセキュリティ対処と、継続的なセキュリティ評価を可能にするという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。