資料の紹介

 クラウド/モバイルファーストがうたわれるようになって久しい今、従来のセキュリティツールは、各所に分散したデータを保護するのに効果的な手段とは言えなくなった。そこで注目されているのが、ネットワークとネットワークセキュリティをクラウドから提供する「セキュア・アクセス・サービス・エッジ(SASE、サシー)」である。

 働き方改革の一環、あるいは新型コロナ対策としてテレワークが推進されている現在、企業はよりセキュアなリモートアクセス環境の提供を求められている。その一方でIT部門は、クラウドサービスにセキュリティ面の不安を感じたり、多くのツールの運用・管理業務で手いっぱいだったりして、新たな要請に対応できずにいる。

 本資料は、上記の問題の解決策として、SASEの全要件をカバーするソリューションと、要件定義から導入、運用までを支援するサービス群を紹介する。さらに、SASEの主要な構成要素「CASB」の導入事例として、公文教育研究会(KUMON)の取り組みを紹介する。全国の教室指導者と社員が、授業の動画ファイルなどをクラウドで安全かつ便利に共有できる環境を整えたことが、指導力の向上につながったとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。