資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症対策でテレワークを導入する企業が急速に広がった。とはいえ、多くの企業は課題を抱えたままテレワークを始めたり、準備を進めたりしているのが現状だ。特に早期に解決が必要なのが情報セキュリティの確保である。各種の調査で「テレワークの課題」のトップに挙がる。

 テレワーク環境とオフィス環境では、ネットワーク、端末の扱い方、上長から見える範囲が全く異なる。テレワークでは、ユーザーが自宅やコワーキングスペースのWi-Fiを通じてインターネットにアクセスする。さらにパソコンやUSBメモリーなどを社外に持ち出す前提になる。オフィス内で仕事をする場合と異なり、何をしているのか上長や同僚から見えづらくなる。

 本資料は、こうしたテレワーク特有の働き方がどのようなセキュリティリスクを生じさせるかを解説。そのうえで、リスクを低減する方法を紹介している。テレワークのセキュリティ強化に悩む多くのシステム担当者にとって参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。