資料の紹介

 サイバー攻撃がWebサイトの書き換え程度だった時代ははるか昔。今の攻撃者は「金銭を稼ぐ」という明確な目的を持った犯罪集団が大部分である。ターゲットの持つ情報を盗み出したりデータを破壊したりするため、巧妙かつしつこい手口のサイバー攻撃を仕掛けてくる。

 企業も無策ではない。ファイアウオールや不正検知システムといったセキュリティ対策を導入している。しかし、攻撃者にとってサイバー攻撃は大きなビジネスだ。時間をかけてターゲット企業のセキュリティ対策を調べあげ、セキュリティ対策をすり抜けるような攻撃を仕掛ける。既存の対策だけではサイバー攻撃に対処しきれなくなっているのだ。

 こうした状況で注目が高まっているのが「脅威インテリジェンス」だ。インターネットなどから収集した膨大な情報を分析し、企業の意思決定に役立つ情報を見いだす手法だ。例えば、どういったサイバー攻撃が起こり得るか予測したりする。本資料は脅威インテリジェンスについて、基本から使い方まで分かりやすく解説している。標的型攻撃が気になるセキュリティ担当者には必読の資料だろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。