資料の紹介

 クラウドを導入する一方で、ミッションクリティカルな業務や機密性の高いデータを扱うシステムは社内のオンプレミス環境で稼働させる「ハイブリッドクラウド」が、企業情報システムの主流となっている。そのため、クラウドと親和性が高いハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注目が集まっている。

 しかし、Windows標準の仮想化機能であるHyper-VをHCI上で使おうとすると、仮想マシンやソフトウエア定義ストレージ(SDS)などで多くのソフトウエアライセンスが必要になり、コストが高くなってしまう場合がある。そこで登場したのが、Windows Serverの標準機能だけでHCIを実現する「Microsoft Azure Stack HCI」である。

 本動画では、Azure Stack HCIの仕組みや製品、事例について説明する。Windows Server 2019/2016の標準機能であるHyper-Vと「記憶域スペースダイレクト」を利用してHCIクラスターを構成するため、他のHCIと比較してソフトウエア構成がシンプルになるうえ、Windows Serverを仮想マシンで無制限に利用できるため、ライセンス費用を軽減できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。