資料の紹介

 パブリッククラウドとオンプレミス環境を組み合わせる「ハイブリッドクラウド」が、今の企業情報システムの主流だ。これをスムーズに運用するため、クラウドと親和性が高い次世代仮想化インフラ「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」を、オンプレミス環境に採用する企業が増えている。

 HCIの中でも注目株なのが、Windows Serverの標準機能で実現する「Microsoft Azure Stack HCI」である。売りは「安い・速い・簡単」だ。Windows ServerのソフトウエアライセンスだけでHCIを作れるため、ソフトウエア定義ストレージ、サーバー仮想化ソフトなどを別途購入する必要がない。さらに高速なクラスター間通信に対応し、ストレージ性能が高い。仮想サーバーの管理やパブリッククラウドとの連携を一括管理するソフトも標準搭載する。

 本動画では、Microsoft Azure Stack HCIの仕組みや製品、事例について説明する。「安い・速い・簡単」なハイパーコンバージドインフラをなぜ実現できるのか。技術的な裏付けに触れながら分かりやすく解説している。ハイブリッドクラウドの運用に悩む企業や、オンプレミス環境の更改を検討している企業は必見だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。