資料の紹介

 クラウドは企業にとって不可欠なITインフラとして普及した。導入の狙いは企業ごとに様々だ。コスト削減を狙う企業もあれば、変化が激しいデジタルビジネス時代への対応を目指す企業もある。だが、狙いにかかわらず多くの企業で共通する事項がある。クラウドの導入効果が期待を下回っているという現実だ。

 多くの企業はクラウドに対して次のような期待を抱く。ITインフラのコストを下げ、複雑なアプリケーションでも十分なパフォーマンスで動作し、成長するビジネスを生み出す組織へと変えるきっかけになる――といったものだ。しかし、クラウドは万能薬ではない。得られた現実とのギャップから、約3分の2の企業は「期待通りにクラウドのメリットを享受できていない」と感じている。

 本資料では、期待と現実のギャップが生じがちな三つのポイントを明らかにしたうえで、どうすればギャップを埋められるかを考察する。クラウドの導入効果を出せていない企業や、クラウド導入をこれから拡大しようとしている企業の経営者やシステム担当者には、参考になる点が多いだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。