資料の紹介

 ヴイエムウェア(VMware)の仮想化製品は、多くの企業システムを支える基盤となっている。最近は、VMware vSphereベースの仮想化環境をクラウドで利用できるサービスが登場している。

 こうしたサービスを使うと、ヴイエムウェアの仮想化製品で構築したオンプレミスのシステムをそのままクラウドに移行したり、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッドなシステムを一元的に運用したりできる。運用担当者はこれまでの知識・スキルを生かせる。さらに、クラウドが提供するAI(人工知能)などの最新機能を活用して、システムに新しい機能を追加したり、新しいアプリを開発したりできる。

 本資料では、ヴイエムウェアの仮想化製品を使ったオンプレミス環境と同じ運用を、AWSで実現できるサービスの仕組みを解説。さらに活用事例を紹介する。オンプレミスのシステムをフルクラウド化したゼンリンデータコム、オンプレミス/クラウドを組み合わせてインフラコストを最適化したオプテージなど、興味深い事例が掲載されている。オンプレミスのサーバー仮想化環境を用いてITシステムを運用している企業なら、必ず目を通しておきたい資料だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。