資料の紹介

 「仮想化」は現在の企業ITを支える最重要テクノロジーの1つだ。中でも、ヴイエムウェア(VMware)のサーバー仮想化技術は、企業ITの姿を大きく変えた。1台の物理サーバー上で何台もの仮想サーバーを動かせるようになり、サーバーの集約化が一気に進んだ。今ではストレージやネットワークを仮想化する技術も多くの企業で使われている。

 「ヴイエムウェア製品を使ったサーバー仮想化環境で動いている既存システムが多い」というのは、企業がITシステムをクラウド化する際に重要なポイントになる。オンプレミスのサーバー仮想化環境とクラウドで技術の差が大きいと、移行時に再設計が必要になったり、移行後の運用が大変になったりするからだ。

 本資料では、オンプレミスで運用しているVMware vSphereベースのサーバー仮想化環境をそのままアマゾン ウェブ サービス(AWS)に移行し、運用するための最新の仕組みを解説する。移行のやり方、可用性を高める方法、クラウドネーティブなサービスとの連携例なども紹介している。サーバー仮想化環境のクラウド化を検討しているなら、必ずチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。