資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響で、普及が進んでいるテレワーク。その導入の目的は、非常時の対応だけでなく、ワークライフバランスや業務効率、生産性の向上など、いくつもある。

 2020年3月、Sansanが400人を対象に行ったアンケートによると、およそ7割の人がテレワークによって生産性を高められると感じている。また、従業員数300人以下の企業では、テレワークを導入している企業の方が直近3年間の業績が上昇傾向にあるという。

 本資料は、アンケート結果に加えて、主に営業部門に向けた「紙」問題やメンバーの活動状況の把握といった、テレワークの課題とその対策についてまとめている。オンラインでの名刺交換も広がる中、名刺のデータ化から始まる営業活動やオンラインセミナー開催のポイントを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。