資料の紹介

 リモートワーク環境整備のためのITツールは様々あるが、セキュリティを重視する企業に向くのが「DaaS(Desktop as a Service)」だ。Windowsをクラウド側で実行し、その画面だけを転送して、自宅などのPCで表示・操作するサービスである。データがPC上に残らないので、安心・安全にリモートワークを実現できる。

 DaaSのなかでも注目度が高いのが、「Windows Virtual Desktop(WVD)」である。マイクロソフト純正サービスのDaaSだ。Microsoft Azure上でWindows 10環境を提供する。「マルチセッション接続」「Windows 7サポート」「低コスト」など、純正ならではのメリットが多いため、企業が真っ先に検討すべきサービスとなっている。

 ただし、いざWVDを導入しようとして、意外な盲点を見落としていたと気付くパターンが少なくない。本資料は、WVDの特徴、見落としがちな盲点を分かりやすく説明。さらに、導入時に注意すべき「接続ネットワーク」「認証基盤」「VPN接続」といった3つのポイントを解説する。リモートワーク実現のためにDaaSを検討しているなら、ぜひチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。