資料の紹介

 自社のファイルやデータ類を管理するサーバーは、自社内(オンプレミス)で運用し続けるか、クラウドに移行すべきか。サーバーを社内に置く利点には、アクセス速度が速いことや、既存アプリケーションと連携しやすいことがある。「タワー型サーバーの利用用途の32%はファイルサーバー」という調査結果もある。

 しかし、企業で扱うデータ量は年々増加する傾向にあり、ディスク容量の圧迫やバックアップデータの増大が深刻になっている。こうした課題に対してはクラウドへの移行が有効である。このとき、全面的にクラウドに移行するのではなく、例えば利用頻度の低いファイルのみをクラウド上に配置するなど、一部機能のみクラウドで補完することによって、これまでの使い勝手を犠牲にすることなく、課題を解決できる。

 本資料では、オンプレミス環境のサーバーを効率的に運用するための手法を紹介する。前述の一部機能のみクラウド化する手法に加え、データへのアクセス高速化を支援する最新サーバーや、低コストで構築可能な災害対策システムなど、オンプレミスなサーバー運用を支援する様々な情報を提供する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。