資料の紹介

 企業システムのクラウド化が進む一方で、情報管理の観点から社外に持ち出せないデータや、企業特有のポリシーが適用されるシステムを、依然としてオンプレミスで運用している企業は多い。このようなハイブリッドIT環境を最適化するに当たって大きな課題になるのが、オンプレミスシステムと複数のパブリッククラウドをどのように接続するかである。

 この問題は、基幹系システムのクラウド化が進むにつれて重要性を増してくる。基幹系システムが担う業務では、複数のシステムが互いに連携して処理を行うケースが少なくないからだ。しかし、全ての基幹系システムを一気にクラウド化するとなれば、膨大なコストと工数がかかる上、リスクも大きい。

 本資料では、ハイブリッドIT環境を実現する際、障壁になりがちなシステム間接続とセキュリティ確保の課題を解決する手段として、クラウド基盤サービスを提案する。データセンター内のリソースはもちろん、パブリッククラウドへの接続も任せられる。OpenStackなどのオープンソース技術をベースとしており、ベンダーロックインを回避できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。