資料の紹介

 クラウドコンピューティングが革新的と言われる最大の理由は即時性だ。クラウドモデルがリアルタイムのデータ確認を可能にしたことで、ビジネスに関する洞察を瞬時に得られる手段として、多くのクラウド導入企業に競争優位をもたらしてきた。

 しかし、クラウドならどれも同じというわけではない。規模や効率、セキュリティなど、企業の厳しい要求を満たすよう設計された次世代のクラウドは、人工知能(AI)、ブロックチェーン、IoT(モノのインターネット)、リアルタイム分析などの活用を想定しており、従来のクラウドとは大きく異なる。

 本資料では、そうした次世代クラウドの全容、およびそれが今後のIT環境をどのように方向づけるかについて説明し、企業のIT活用を一変させつつある新たなテクノロジーやビジネスモデルについて詳しく述べる。2025年までに、現在手作業で行われている運用やデータ管理作業の90%は自動化し、クラウドで共有される機密データは600倍になると予測する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。