資料の紹介

 戦略的にクラウドを導入する企業の目的は大きく3つある。一つめはビジネスの俊敏性を高めること、二つめはビジネスの拡大をもっと容易にして製品を市場に出すまでの時間を短縮すること、そして三つめは新機能の展開を加速することだ。

 しかし、10年前のテクノロジーに基づいた第1世代のIaaSやPaaSといったクラウドでは、こうした厳しいニーズに応えることは難しくなってきている。もっと高速で予測可能なパフォーマンス、手ごろな価格、強固なセキュリティ、多くの基幹系システムの稼働に必要な互換性などを実現した新たなクラウドが求められる。

 本資料では、ビジネスの革新を目指し次世代クラウドを選ぶ際に注目すべき10のポイントをあげたうえで、これらを満たすというクラウドソリューションを紹介する。無料トライアルによって、自己稼働、自己保護、自己修復を実現する自律型データベースを試すことも可能だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。