資料の紹介

 多くの企業がクラウドシフトを加速させている。営業管理や顧客管理にとどまらず、ビジネスクリティカルな基幹系システムもクラウド移行の対象になっている。ここで課題となるのがクラウドの選択だ。市場シェアの大きいAmazon Web Services(AWS)を検討する企業が多いが、本当に自社の要件とマッチしているかは考慮の余地がある。

 企業は様々なアプリケーションやミドルウエアを稼働させている。ソフトウエアやシステム構成によっては、AWSへの移行に予想を超えるコストと手間がかかったり、移行後にオンプレミスと同等のパフォーマンスを実現するのに苦労したりする。ただ、最近はパブリッククラウドの選択肢が増えている。比較検討すれば、最適な選択肢は見えてくるはずだ。

 本資料は、AWSとOracle Cloudの違いを解説する。コスト、パフォーマンス、移行プロセス、移行後の運用、サポートなど、様々な角度から比較して違いを数字で明らかにする。オンプレミスでハードウエアを選択するのが当たり前だったように、これからはパブリッククラウドも性能や価格、運用などで選ぶ時代だ。本資料で、ぜひその選択眼を養いたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。