資料の紹介

 企業システムのクラウド活用は進んでいるものの、依然として大部分のシステムがオンプレミスに残っている。IT責任者の多くが、ハイエンドのミッションクリティカルシステムはクラウドに移行できないと考えているからだ。膨大なデータをリアルタイムに分析するBIツール、創薬や保険、製造などのシミュレーションシステムなどがその典型である。

 こうしたシステムは強力な計算能力、大量かつ高速なメモリーやストレージが必須となる。物理インフラを複数のテナントで共有する従来のパブリッククラウドでは、高性能が求められるワークロードを稼働させるのは難しいとされてきた。ただ、現在は仮想化レイヤーを物理ネットワークに移動させ、高性能ワークロードの稼働を可能にした新しいパブリッククラウドが登場している。

 本資料では、高性能、ミッションクリティカルなシステムに適した次世代パプリッククラウドの機能と、その真の実力を明らかにする。これまではオンプレミスでしか実現不可能と考えられていたシステムのクラウド移行が可能になる。クラウド移行をいったん見送っているIT責任者や担当者も新たな気づきを得られるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。