資料の紹介

 デジタル経済が伸展する今日、企業や組織のIT部門は、効果的に競争力を高めるために、パブリッククラウドをはじめとするさまざまなITインフラを活用して、データとアプリケーションの価値を高めることを求められている。

 パブリッククラウドを採用するにあたり、オンプレミス環境とは完全に別物として切り離して考えるIT部門は多い。しかし、デジタル経済のなかで競争力を高めるには、一貫性のあるハイブリッドクラウド基盤を構築し、クラウド、オンプレミス双方の長所を柔軟に活用できるようにすることが不可欠だ。実際、いったんはクラウドに移行したアプリケーションを、オンプレミスに戻す「オンプレ回帰」の動きも出ている。

 本資料では、IT関連部門の管理職を中心とした1200人へのアンケート結果を分析。移行プロジェクトの成功率、データセンターのコスト、ビジネス目標の達成見込みなどの観点からハイブリッドクラウドの導入効果を検証した。オンプレ回帰に踏み切った企業に共通するいくつかの要因も示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。