資料の紹介

 文部科学省の「GIGAスクール構想」で、児童・生徒1人1台の端末の整備が進んでいる。安全と安心を確保しながら端末を使わせるには、十分なセキュリティ対策が欠かせない。ウイルス対策、MDM(モバイル端末管理)はもちろん、不適切なコンテンツのフィルタリング、フィッシングサイトへの通信ブロックの検討も要るだろう。

 同時に、学校の利用実態に即したアーキテクチャーの選択が必要になる。例えば、従来のコンテンツフィルタリングは接続許可リストを用いた運用が多かったが、登録作業など運用・管理の負荷が高く、学習や教職員の業務に支障を来したりと課題がある。また、データセンターに通信を集約する構成も見直す必要がある。1人1台の端末で通信が集中して過負荷になる恐れがあるほか、持ち帰り学習への対応が難しいからだ。

 本動画では、学校での利用に向いたクラウド型セキュリティサービスを紹介する。奈良市教育委員会の導入事例も取り上げており、児童・生徒を有害コンテンツやサイバー攻撃から守るための使い方、導入メリットなどを詳しく説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。