資料の紹介

 クラウドは今や、企業のビジネスに不可欠な存在となった。ただ、その半面として、企業が従業員に求めることと、従業員ができることに差異が生じる「スキルギャップ」が起こっている。企業のIT担当者は既存システムに関わるスキルに熟達している一方、クラウド関連のスキルは十分に持ち合わせていない場合が多いからだ。

 簡単に思いつく解決方法は、優秀な人材を獲得することだ。しかし、人材を求める企業数に対して、適格な候補者の数ははるかに少ない。しかも、仮に獲得できたとしても、企業にフィットできず、組織内で能力を発揮できない可能性が大いにある。今いるメンバーの能力を向上させるのが、遠回りなようで現実には近道となる。

 本資料では、クラウドをうまく活用する組織になるための方法を解説している。3部構成になっており、資料末尾のリンクからパート2の資料を、パート2の資料末尾のリンクからパート3の資料を閲覧できる。パート2以降はビジネスを「顧客中心」に変革するためのアプローチを紹介している。人材育成や組織づくりについて、全ての企業が実践できる現実的で具体的なヒントが満載だ。ぜひその方法を確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。