資料の紹介

 ビジネスに勝ち抜くためには、急速に発達する新しいテクノロジーを効果的に活用して、顧客のニーズに応え続けることが必要だ。こうした最新テクノロジーを迅速、円滑に導入する上で、クラウドの有効性が指摘されている。

 クラウドのような新しいプラットフォームを採用する際には、新しいツールやプロセスを提供するだけでなく、社員や顧客などすべての関係者とコミュニケーションを取りながら、トレーニングやサポートを行うことが必要だ。時には、社員の仕事や会社の文化までも変える可能性があることから、人事や組織の変更にも対応する必要が出てくる。

 本資料では、クラウド移行の計画策定の勘所について解説している。ニーズの理解や組織変更への対応など、新しいプラットフォームを採用する際に必要なポイントを整理。計画策定を4つのステップにまとめた。さらに、4つのステップに対応するチェックリストが用意されており、計画策定が正しくできているかどうか、確認することができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。