資料の紹介

 デジタル変革(DX)の推進にあたっては、クラウドやコンテナを積極的に活用して、ビジネスニーズに俊敏に対応できるIT環境を実現することが重要になる。クラウドサービスに対する企業のニーズも、単なるサーバーやストレージの利用にとどまらなくなり、パフォーマンス、拡張性、信頼性、セキュリティのいずれについても、これまでにはない要件が浮上している。

 実際、オンプレミス環境でSoR(Systems of Record)として企業のビジネスを支えてきた基幹業務システムを、クラウドに移行する事例は増えている。一方、これまでもクラウドネイティブなアプリケーションとして運用されることが多かった情報系システム、いわゆるSoE(Systems of Engagement)については、ベンダーロックインの回避策としてマルチクラウド環境が求められるようになった。

 本資料では、オープンソース技術とセキュリティ、そしてビジネス用途に特化したサービスによって、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境を実現するパブリッククラウドを紹介する。世界中にある数十のデータセンターを、障害の影響が相互に及ばない独立ゾーンに分けて運用することで、サービスの安定性と可用性を高めたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。