資料の紹介

 働き方改革や新型コロナウイルス感染症対策として、クラウドサービスの積極活用やテレワークの導入に取り組む企業が急増している。こうしたIT環境の急激な変化に伴い、従来のゲートウエイ型のネットワークセキュリティ対策では脅威への十分な対応が難しくなってきた。見直しが急務となっている。

 まず問題となるのは、組織のゲートウエイを経由しない通信におけるリスクである。加えて、ビデオ会議や動画の通信が増加するにつれて問題になるのが、従来のURLフィルタのパフォーマンス劣化だ。そこで注目を集めているのが、導入が比較的容易なエンドポイント型のネットワークセキュリティ対策だ。

 本資料では、DNSレイヤーの防御を追加することにより、急激に変化するIT環境への対応を可能にするセキュリティソリューションについて、その方式の違いや主な機能を管理画面例を交えて図解する。企業はもちろん、GIGAスクール構想で端末の整備が急速に進む小中学校でも、見直しは急務になりそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。