資料の紹介

 クラウドへの移行によって、ビジネスのどこに、どのようなメリットがもたらされるのか。クラウドの導入によって事業変革を進めるためには、クラウド移行の価値や効果を先行事例などに基づいて分かりやすく社内に説明し、理解を得る必要がある。

 クラウドを導入すれば、企業はサーバーやネットワーク機器といったハードウエアに対する設備投資から解放される。ネットワークを通じてリソースにアクセスし、使用した分だけ料金を支払えばよい。このようなコスト削減効果がクラウド導入によって得られる。しかし、クラウドのビジネス価値はそれだけにとどまらない。

 本資料は、クラウド導入によって得られる4つのメリットについて解説する。100社以上と連携し、1500件以上の導入事例を分析した結果、コスト削減に加えて、労働生産性向上、オペレーションの回復性、ビジネスの俊敏性というビジネス価値があることが明らかになったという。本資料では、クラウドがもたらす4つのメリットについて、先行事例に基づいて導入効果を定量的に説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。