資料の紹介

 急速に変化する社会情勢や俊敏なビジネスへの対応を見据え、サーバーのクラウドへの移行を検討する企業が多い。そこで直面しがちな悩みが、既に稼働しているWindowsベースのアプリケーションの取り扱いだ。Windows Serverや関連技術は多くの便利な機能を持ち、国内のサーバーOS市場で圧倒的なシェアを占める。

 一方で、クラウド市場はアマゾン ウェブ サービス(AWS)が大きなシェアを占めている。使い慣れたWindows Serverを使いながら、利用者が多く、ノウハウ情報が豊富なAWSを利用できれば、クラウド移行のハードルは低くなるはずだ。「AWSでWindows Server環境を問題なく扱えるのだろうか」は多くのシステム担当者が知りたいところだろう。

 本資料では、Windows Server環境をAWSで稼働させるサービスとそのメリットを紹介する。移行作業のシンプルさ、様々なマイクロソフト製品を利用できるサービスの幅、高い信頼性などを武器に、2015年以降、AWSでWindows Serverを使用する企業の数は5倍に増えたという。クラウドへの移行を検討中の企業にとって、サービス選択のヒントになるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。