資料の紹介

 ITシステムのクラウドへの移行はますます加速している。ただ、「なぜクラウドへ移行するのか?」という声も根強くある。クラウドを導入する企業の増加とともに知見や統計データが蓄積され、クラウド移行を促進する要因が8つあることが分かってきた。

 第1の要因は「コストの削減」だ。ハードウエア調達コスト、運用コスト、人的コストをほぼ確実に圧縮できる。米IDCの見積もりによれば、運用コストは51%、5年間の総所有コスト(TCO)は31%削減できるという。第2の要因は「俊敏性と従業員の生産性」だ。製品やサービスの市場投入までの時間は18.8%短縮され、ITスタッフの生産性は62%向上するというデータがある。

 クラウド移行で得られるビジネス上の効果はコスト削減と生産性だけではない。本資料では、クラウド移行を促す要因を8つに分類して解説する。具体的な調査データを基にしているため、多くの企業がクラウド移行を目指す理由が腹に落ちる。IT戦略立案の基礎資料として、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。